PyQオフィシャルブログ

Pythonのオンライン学習プラットフォームPyQのオフィシャルブログです

辞書のキーの長さを取るにはどうすれば良いですか?への回答とlenの解説

id:hirokiky です。 今日はPythonの便利な len 関数について、 PyQサポート で回答したことから抜粋してお伝えします。

Python公式ドキュメントlen関数: https://docs.python.jp/3/library/functions.html#len

ご質問と回答

辞書から d.keys() で dict_keys(['年齢', '身長', '体重', '視力', '名前']) を取り出せました。 このkeyがいくつあるかを取得することはできますか?どうすればよいですか? (この例では5)

はい。可能です! len という関数を使うことで、キーの数を取得できます。

d = {"年齢": 25, "身長": 165, "体重": 45, "視力": 0.1, "名前": "清原"}
keys = d.keys()

# 長さを取得して、表示する
key_length = len(keys)
print(key_length)

また、辞書のキーの数は辞書の要素数と同じ意味になります。 以下のように直接 len(d) としても同じ値が取得できます。

len(d)

len関数は他にも使えます

len(長さや数を測りたいもの) とすることで値が取れます。 他にも複数の値を持つものであれば len が使えます。

# リスト
l = ["A", "B", "C"]
len(l)  # リスト l の長さ 3 になります

# 文字列
s = "清原弘貴"
len(s)  # 文字列 s の長さ 4 になります

# 辞書
d = {"年齢": 25, "身長": 165, "体重": 45, "視力": 0.1, "名前": "清原"}
len(d)  # 辞書 d の要素の数 5 になります

keys = d.keys()
len(keys)  # 辞書 d のキーの数 5 になります(要素の数と同じです)

# 集合
s = {"a", "b"}
len(s)  # 集合 s の要素の数 2 になります

ですが、数値などには長さがありませんのでエラーになります。 「TypeError(型の間違いのエラー): int の型は len が無いよ」というエラーです。

>>> len(8)
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
TypeError: object of type 'int' has no len()

ちょっと踏み込んで:lenってどういう仕組みなの?

少し難しい内容になるかもしれませんが、Pythonの深い部分のお話です。 len はPythonの色々な型(辞書、リストや集合)に対して使えますが、どういった仕組みで動作しているんでしょう。

清水川さん の「Pythonはどうやってlen関数で長さを手にいれているの?」というPyConJP2017年の発表が参考になります (初級から順に説明されているので、少し覗いてみるだけでも面白いです)。

以上です。

len はPythonのプログラム中でもよく使われる関数です。 ぜひ使い方を身につけておきましょう。

PyQのサポートでは「プログラムが動かない」という質問だけでなく「これって何なの?」や「意味の解説をしてほしい」などのご質問も受け付けています。 ぜひ、Pythonやプログラミングの疑問を解決して効果的にプログラミングを身に着けられるようになりましょう。

pyq.jp

「Pythonはじめの一歩」で「判定」結果を分かりやすくして挫折しにくい問題に改善しました

こんにちは、かめちゃんです。 ご要望の多かった「判定」の出力を改善したお知らせです。「Pythonはじめの一歩」部分のみですが、判定結果の表示を改善しました。

修正前

f:id:kamekokamekame:20171109112245p:plain

修正後

f:id:kamekokamekame:20171109112304p:plain

特に写経通りに書けずに判定がNGになっていた場合にどの場所が原因で判定がNGになっているか表示するようにしました。

f:id:kamekokamekame:20171109112315p:plain

合格時も「OK」と出ていただけのものを「実行結果」も表示されるようになりました。

修正前

f:id:kamekokamekame:20171109112241p:plain

修正後

f:id:kamekokamekame:20171109112319p:plain

PyQを開始してすぐに進めなくなり挫折してしまうと、学びたかったことが学べなくなってしまうので対応しました。 学習している内容のレベルに応じて「判定」の説明の丁寧さを調整しています。 最終的には実際のプログラミングの現場と同じようなエラー、テスト結果を読めることを目標としています。

今回のリリースで入った他の変更については、更新履歴 2017-11-14を御覧ください。

PyQ開発チームでは改善内容を決める時に皆様のフィードバック、ご要望にもお答えできるように常に議論しています。これからも良いことも悪いこともフィードバックください。皆様の学びがストレス無く、スムーズに行えるように今後もPyQは改善を続けて行きます!

pyq.jp

PyQに「学習履歴のリセット」機能をリリースしました。

id:hirokiky です。

ご要望をたくさんいただいていた、「学習履歴のリセット」機能をリリースしました。

とにかく全てリセットして全部復習したい!という方、少し期間が空いてしまったので初めから学びたい方にオススメです。

記憶は時間とともに忘れられていくので、適切なタイミングで復習をして記憶を強化するのがオススメです。 完全に忘れてしまう前に復習することで覚え直す時間を節約できますし、プログラミングをスキルとして「身についた」状態にできます。

忘却曲線 - Wikipedia

リセットの方法

1.画面右上の「設定」ボタンをクリック。

f:id:hirokiky:20171026113245p:plain

2. サイドバーの「学習履歴のリセット」をクリック。

f:id:hirokiky:20171026113338p:plain

3.「学習履歴をリセットする」ボタンをクリック

「学習履歴をリセットする」ボタンをクリックすると、全ての学習履歴がリセットされます。

  • 問題を「クリア」したという進捗の履歴
  • 問題中に書いたプログラム

f:id:hirokiky:20171026113409p:plain

ただし、投稿した回答やコメント、ユーザーアカウントは消されません。

また1からPyQで学び直したいというときに、ぜひご活用ください。

自分が知らないすごい人に出会いたい! 〜 Pythonエンジニア列伝 Vol.2 鈴木たかのり氏(後編)

f:id:kamekokamekame:20171024183424p:plain

誰かに声をかけられるのを待つんだったら、何か蓄積する必要がある。そうじゃないなら自分から行くしかない。

Pythonエンジニア列伝の二回目は、株式会社ビープラウド所属の鈴木たかのり氏をお招きました。一般社団法人PyCon JP の理事を務められており、Pythonの普及に力を注いでいらっしゃいます。

Pythonエンジニア列伝 Vol.2 - 前編 鈴木たかのり氏(スズキタカノリ)氏

Pythonエンジニア列伝の二回目は、株式会社ビープラウド所属の鈴木たかのり氏をお招きました。一般社団法人PyCon JP の理事をつとめ、Pythonの普及に力を注いでいらっしゃいます。

今回は後編です。

blog.pyq.jp

Python Boot Camp

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) 最近、Python Boot Campをやってますね。

f:id:kamekokamekame:20171024183250p:plain:w100

たかのり) Python Boot Camp は初心者向けのPythonチュートリアルで、ハンズオンでPythonを学んでもらう集まりですね。日本各地で開催しています。

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) どういう経緯ではじまったんですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183302p:plain:w100

たかのり) 私の思いつきです。

一般社団法人PyCon JP で、来年の予算をどう使おうかの話し合いがあって、日本のPython界隈で一般社団法人PyCon JP でなにかやれることないかなと考えている時に思いつきました。

初心者でPython Boot Campに参加した人が次のPyCon JPに参加して「あのときのPython Boot Campに行ったんですよ。」となって、さらに次の年は発表者になってくれたら、全国盛り上がっていくんじゃないかと。教えるというよりは、全国各地でのコミュニティーづくりが目的ですね。その種まきをしたい。コミュニティーができていくきっかけをつくっていきたいんです。

香川で開催したときはPython Boot Campの懇親会で、うどんPyコミュニティー をつくろうぜ!という話になって、その場でつくりました。

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) 実際はどういう人が多いんですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183306p:plain:w100

たかのり) 学生さんも多いですね。「Pythonははじめてです!」という人向けなので、参加者はお互いは知らない同士で、日頃は他の言語やっているとか、プログラム初心者とかの方ですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) 何人くらい派遣するんですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183306p:plain:w100

たかのり) 一般社団法人PyCon JPからは講師を1人派遣するだけです。TAも現地の方やっていただいています。タイミングが合えば、里帰りついでに東京からTAとして参加してくださる方もいますね。

f:id:kamekokamekame:20170824143149p:plain:w100

佐藤) いいですねぇ。実際やってみて、東京での開催と違いはありました?

f:id:kamekokamekame:20171024183302p:plain:w100

たかのり) 大きな違いは特にないですね。東京だと懇親会でピザですが、地方は講師がうまいもの食べたいので、地方の旨い店を選んでもらって行くのが違いです。

46道府県で開催するのが目標です!

私が知らないすごい人とも知り合いたいです。TAで参加してくれる面白い人に出会えますね。最近だとPython Boot Camp広島で、大学生のもりたこくん に出会えました。広島でDjangoをバリバリ使っている人なんです。

f:id:kamekokamekame:20170824143800p:plain:w100

清原) すごい良いですね。勉強会も東京はやっぱり多いですね。僕は学生の頃は大阪に住んでいたので、東京に行くのが大変でした。PyCon JPに夜行バスで移動して参加してましたし、当時、Python Boot Camp大阪とかあったら絶対行ってました!

これから

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) これからやっていきたい活動とかありますか?

f:id:kamekokamekame:20171024183250p:plain:w100

たかのり) そういうのあまり考えないですね。話がきて、できるやつは、とりあえずやる。時間的に無理なもの以外は受けますね。

f:id:kamekokamekame:20170824143149p:plain:w100

佐藤) まさにHUBですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183256p:plain:w100

たかのり) 最近は、コミュニティーの中だけでやっていると、知らない人にリーチできないので、そこをどうしたらいいんだろうを悩んでいますね。PyCon JP 2017でメディア会議*1 をやったのもその一環です。本を書きたいと思っている人にきっかけづくりをしたくて、技術系の本なら企画を出版社に持ち込むという方法もあることを知らない人が多いので紹介したいと思って。

f:id:kamekokamekame:20171024183240p:plain:w100

清原) 仕事的になにかとかありますか?

f:id:kamekokamekame:20171024183250p:plain:w100

たかのり) 楽して儲けたいです。と言うのは冗談で、掛ける力に対して、テコの原理で成果を出したいですね。 本を単著で5万部売りたい*2です(笑)

これからPythonをはじめる人にアドバイス

f:id:kamekokamekame:20170824143149p:plain:w100

佐藤) これからPythonをはじめる人へのアドバイスを教えてください

f:id:kamekokamekame:20171024183253p:plain:w100

たかのり) コミュニティに参加して、いい人と知り合いになるのが楽ですね。

あと、Pythonじゃなくてもなんでもいいので、何かを作って俺SUGEEEEEと思うのが大事ですね。

誰かに声をかけられるのを待つんだったら、何か蓄積する必要がある。そうじゃないなら自分から行くしかないね。

PyQに期待すること

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) PyQに期待することはありますか?

f:id:kamekokamekame:20171024183302p:plain:w100

たかのり) PyQを仕事のPythonオフライン研修で使っているので、教えるときのツールとしての使いやすさを高めてほしいですね。ユーザーが他のユーザーに教えてあげられる機能を提供できると、いい学習のコミュニティになるのかなぁと思いますね。

あと、PyQキャラバンとかやって全国まわって、PyQ体験会とかPyQユーザーとのミートアップをして欲しいです。

f:id:kamekokamekame:20170824143039p:plain:w100

一同) そうなりたいですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183253p:plain:w100

たかのり) 私は提案者としてドヤ顔します。がんばって!

最後に

f:id:kamekokamekame:20171024183240p:plain:w100

清原) 学生時代、プログラミング大好きとかありました?

f:id:kamekokamekame:20171024183250p:plain:w100

たかのり) 機械とか電気はやる気が無くて、プログラミングはやってもいいかなって思ったのがきっかけ。

f:id:kamekokamekame:20171024183240p:plain:w100

清原) 周りの人でソフトウェアやるぜ!って人いました?

f:id:kamekokamekame:20171024183250p:plain:w100

たかのり) PC高かった時代なのに買ってもらってた同級生もいたけど、私は高専に入ってからはじめたかんじですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183240p:plain:w100

清原) たかのりさんも清水川さんも昔からソフトウェアの未来を切り開くぜ!とやってきた意識高い感じじゃなかったんですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183250p:plain:w100

たかのり) そういう人は表に出てこないよね。たまに作ったソフトウェアがポロって出てくるだけ。

ケネス*3ミツヒコ*4とか、作っているものがすごく優れているというわけじゃなく、キチンと定義してほしいものを作っているってかんじですね。 運用していくのは大変だけど、他の人に引き継いだりしながら、作りたいものを作っていっているのが素晴らしいですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183232p:plain:w200

一同) たかのりさん、来てくれてありがとー!

PyQオフィシャルブログでは『Pythonエンジニア列伝』を不定期掲載します。Pythonに関わっているさまざまな人にインタビューし、これからプログラミングを学習する方にエンジニアが普段考えていることややっている活動などを紹介していきます。

(聞き手:佐藤治夫: @haru860、清原弘貴: @hirokiky / 執筆:大村亀子: @okusama27

*1:PyCon JP 2017で行われた編集者とPython書籍執筆者によるパネルディスカッション

*2:冗談とのことです

*3:Kenneth Reitz. Requestsの開発者。PyCon JP 2014 のキーノートスピーカー

*4:Armin Ronacher. Flaskの開発者。PyCon JP 2012のキーノートスピーカー

Pythonの人たちが集まって何かが生まれるといいな 〜 Pythonエンジニア列伝 Vol.2 鈴木たかのり氏(前編)

f:id:kamekokamekame:20171024183232p:plain

PyCon JPで目指していることは、世界中から人が集まって、知らない人同士が話して、新しい交流が生まれることです。美味しいごはんが出て、パーティーがチケット代に含まれていてみんなで一緒にごはんを食べたり飲んだりできるのが外せないところですね。

Pythonエンジニア列伝は Pythonエンジニアとして活躍する方にインタビューしよう! という連載です。 PyQオフィシャルブログとして、Pythonを単なるプログラミング言語としてではなく、日常や仕事で使えるものとしてお伝えしたいと考えています。Pythonエンジニアたちのインタビューを通して、Pythonを使う人達がどんな人なのか、どんな場面で活用しているのか、なぜPythonに出会ったかなどを知ってもらいたいと思います!

Pythonエンジニア列伝 Vol.2 - 前編 鈴木たかのり氏(スズキタカノリ)氏

Pythonエンジニア列伝の二回目は、株式会社ビープラウド所属の鈴木たかのり氏をお招きました。一般社団法人PyCon JP の理事をつとめ、Pythonの普及に力を注いでいらっしゃいます。

Pythonとの関わりかた

f:id:kamekokamekame:20170824143149p:plain:w100

佐藤) 現在、Pythonとどのように関わっていますか?

f:id:kamekokamekame:20171024183256p:plain:w100

たかのり) 仕事でPythonを使っていますが、マネージャー業務が多いのでPythonコードを書くことはあまりなく、コードレビューをすることが多いですね。

f:id:kamekokamekame:20170824143149p:plain:w100

佐藤) コミュニティー活動ではどうですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183253p:plain:w100

たかのり) 活動しているコミュニティーはPyCon JP の立ち上げの時からスタッフとして関わっていて、Pythonの人たちが集まって何かが生まれるといいなという思いでやっています。何かを伝えたいなという思いはないですね。お祭り好きなんですよ。

そこ(PyCon JPのスタッフをやっていて)から、こういうのやらない?というオファーがあります。

最近は本のレビューを依頼されることが増えました。とある企業向けにPythonの実力を測れるような問題をつくったりもしてます。Python学習の動画教材もレビューしてます。

信頼できるレビューアーを探すのは大変なので、本を出版する著者同士でレビューをしあってますね。

f:id:kamekokamekame:20171024183243p:plain:w100

清原) Python界のツッコミ屋さんですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183259p:plain:w100

たかのり) 最近は、日本語力の高まりを感じています。自分の中の推敲力が上がっています。

Python mini hack-a-thon

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) Python mini hack-a-thonはどういう経緯ではじめたんですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183306p:plain:w100

たかのり) 昔、Zope*1とPlone*2を会社で使うために調べて、調べたことを自分のブログにガンガン書いていたんですよ。そうしたら(当時面識がなかった)寺田さん*3からZopeについて話して!とメールが来てZope Weekend 6というイベントで発表しました。その後Plone研究会にも参加するようになりました。

何度目かのPlone研究会の後の飲み会で寺田さん、清水川さんと3人で「最近、開発してないなー」「俺も」「俺も」(誰がいい出したかは不明)という話が出て。

「時間取ればやるよねー」

と意見がまとまって、月1回集まってZope/Plone開発勉強会 を開きはじめました。それが後のPython mini hack-a-thon(#pyhack)ですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) なぜ続いていると思いますか?

f:id:kamekokamekame:20171024183253p:plain:w100

たかのり) 実はみんなに来てほしいと思っていないんですよ。まず、3人の中で都合のよい日を決める。そこから参加したい人を募集しています。

あくまで自分たちが開発するタイミングがほしいだけっていう感じでやっているので続くのかなと思います。

Python mini hack-a-thon(#pyhack)のすすめ方

  • 自己紹介、名前、今日は何をやるか発表する
  • もくもく各自開発
  • 最後にこんな感じでしたーって発表
  • 飲みたい人は懇親会に参加して飲む

f:id:kamekokamekame:20171024183243p:plain:w100

清原) 毎回、懇親会に参加する人がいてすごいな~と思います。

f:id:kamekokamekame:20171024183256p:plain:w100

たかのり) 俺と寺田さんが飲みたいだけだから。

f:id:kamekokamekame:20170824143039p:plain:w100

佐藤) 自分ドリブンで、犠牲精神がないのがいいですね。

清原) メインの人が飲んで、盛り上げているので盛り上がるんですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183250p:plain:w100

たかのり) それでつながっている人がいっぱいいて、人材斡旋が楽になりました。

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) 何か企画がある場合にってことですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183253p:plain:w100

たかのり) 本の執筆や勉強会への登壇について、相談されることが多いので、Python mini hack-a-thonのSlackを見て、誰がいいかなぁと考えたりします。Pythonistaの名簿が揃っているんですよ。

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) 会ったことあるし、知っている人だからですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183306p:plain:w100

たかのり) そうそう。この人はやってくれそう!と思う人に声をかけてます。

f:id:kamekokamekame:20170824143054p:plain:w100

佐藤) 紹介は紹介する側の信頼にも関わりますからね。

清原) Python界の仲人って感じですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183253p:plain:w100

たかのり) 俺はつなげて終了で、終わったら打ち上げに呼んでほしい!

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) Python界隈のHUBになりつつありますね。

f:id:kamekokamekame:20171024183306p:plain:w100

たかのり) 完全になってますね(ニヤリ)

f:id:kamekokamekame:20170824143800p:plain:w100

清原) 僕はpyhack卒業生ですね。

Pythonをはじめたきっかけは?

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) Pythonをはじめたきっかけはなんですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183302p:plain:w100

たかのり) 最初は学校でC言語を学んで、仕事をはじめてC言語書いてて、JavaとPerlも書いてましたね。

Zopeは会社の部署内のサイトとしてつくって、コンテンツ管理もどきとして使っていました。それから、Ploneといういいものが出たので乗せかえました。 Redmine*4のように、wikiを書く代わりにPlone上にプロジェクトをつくってページを追加していくかたちで使っていましたね。 Ploneのカスタマイズ方法をブログで公開してて。

あの瞬間は日本でいちばんPloneに詳しかった。

f:id:kamekokamekame:20171024183243p:plain:w100

清原) 5人中1位みたいな?

f:id:kamekokamekame:20171024183256p:plain:w100

たかのり) そう(笑)

f:id:kamekokamekame:20171024183237p:plain:w100

佐藤) 寺田さんからのメールで、Plone研究会からPyCon JPへつながっていくんですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183306p:plain:w100

たかのり) 寺田さんがPloneカンファレンスに行くということで、「一緒に行こう!」と誘われたんですよ。でも、ヨーロッパ開催で、旅費が掛かるから躊躇していたんです。

そうしたら、寺田さんから私が作っていたプロダクトを次のPloneのバージョンで使いたいから機能追加して欲しいという依頼がきて、「代わりにPloneカンファレンスのチケット代を出すよ」と言われました。今考えるとその仕事の内容よりチケット代のほうが高かったので、寺田さんも気を使ってくれたんだなと思っています。

1回行ったらイベントが楽しくて、次の年は自腹で参加しました(笑)

f:id:kamekokamekame:20170824143054p:plain:w100

清原) はまってますねー

f:id:kamekokamekame:20171024183259p:plain:w100

たかのり) その頃(2010年)、PyCon APACがシンガポール開催されて、寺田さん、イアンさん、イクバルさん、増田さんの4人がたまたま各自参加してて、シンガポールで日本でもやろうという話になったんですよ。

でも、PyCon JPのモデルはPloneカンファレンスですね。

f:id:kamekokamekame:20170824143039p:plain:w100

佐藤) 何が楽しかったんですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183302p:plain:w100

たかのり) PyCon JPで目指していることは、世界中から人が集まって、知らない人同士が話して、新しい交流が生まれることです。 美味しいごはんが出て、パーティーがチケット代に含まれていてみんなで一緒にごはんを食べたり飲んだりできるのが外せないところですね。

f:id:kamekokamekame:20170824143039p:plain:w100

佐藤) それで、PyCon mini JP を2011年の1月にやったんですね。

f:id:kamekokamekame:20171024183253p:plain:w100

たかのり) PyCon mini JPをやって、そこそこ反響があったので『やっていこうぜ!』となりました。その年の11月にPyCon JP 2011を開催しました。

f:id:kamekokamekame:20170824143149p:plain:w100

佐藤) 私、何か話しましたよ。パネルディスカッション。(まだビープラウドの所属じゃなかった頃の)たかのりさんが依頼しに来てくれましたね。

f:id:kamekokamekame:20171024183256p:plain:w100

たかのり) そうそう。 Pythonを仕事に使っている会社の社長を集めてパネルディスカッションをしようという企画で。

f:id:kamekokamekame:20171024183240p:plain:w100

清原) 僕はそのパネルディスカッションでビープラウドを知って入社しましたね。

一同) おー

f:id:kamekokamekame:20170824143149p:plain:w100

佐藤) その頃、スポンサーってどれくらいいましたか?

たかのり) miniの時は4社でしたね。

佐藤) その4社中のnexediさんとビープラウドがminiの時から7年連続でスポンサーやっているんですよね。

たかのり) 2011年はゴールドスポンサー1社, シルバー 2社 , ブロンズ4社の7社でした。

佐藤) 今は何社くらいですか?

f:id:kamekokamekame:20171024183259p:plain:w100

たかのり) 2017年は約40社になりました。

f:id:kamekokamekame:20170824143039p:plain:w100

清原) PyCon JPはめちゃくちゃ成長していますね。

佐藤) 2011年からやってどんな感じでPyCon JPは変わって行きました?

f:id:kamekokamekame:20171024183259p:plain:w100

たかのり) コアのところはそんなに変わっていないと思います。スポンサー、参加人数は増えていますね。 参加者が大きく増えたので、誰と誰が交流しているかはわかりづらくなっていますね。

7年経ちましたが、PyCon JPの継続性を管理するのが一般社団法人PyCon JPの役割で、お金の管理をして、監査しています。 はじめは持ち越すお金の管理のために一般社団法人PyCon JPを設立しました。

f:id:kamekokamekame:20170824143039p:plain:w100

一同) なるほど。PyCon JPの歴史の生き証人ですね!

次回は、鈴木たかのり氏が最近力を入れていることに迫ります。

blog.pyq.jp

PyQオフィシャルブログでは『Pythonエンジニア列伝』を不定期掲載します。Pythonに関わっているさまざまな人にインタビューし、これからプログラミングを学習する方にエンジニアが普段考えていることややっている活動などを紹介していきます。

(聞き手:佐藤治夫: @haru860、清原弘貴: @hirokiky / 執筆:大村亀子: @okusama27

*1:Python製Webアプリケーションフレームワーク

*2:Zope上で動くコンテンツ管理システム

*3:@terapyon一般社団法人PyCon JP 代表理事

*4:Ruby製プロジェクト管理ツール