Python学習チャンネル by PyQ

Pythonのオンライン学習プラットフォームPyQのオフィシャルブログです

PyQのチームプランと個人プランから切り替えができるようになりました

f:id:kenken0326:20191126105108p:plain

PyQ開発チームの清原(id:hiorkiky)です。 今日はPyQに新しくリリースしたチームプランの移管機能を紹介します。

PyQをチームプランで使っていて、既存のアカウントをチームに参加させたいことはありましたか?
そういった場合に活用できる新機能です。

PyQチームプランとは?

PyQのチームプランは、企業や学校法人などのチーム内でPyQを使ってPythonを学習できるサービスです。

lpm.pyq.jp

通常の個人プランと違い、以下の機能が使用できます。

  • チーム内で質問、回答ができる
  • チームメンバーの学習状況や「ハマっている」状況が確認できる
  • 請求書で一括購入できる

1名様からでもご購入いただけますので、まずはお見積りからどうぞ!

pyq.jp

PyQチームプランと個人プランの移管機能について

PyQチームプランで、チームプランと個人プランの間で移管ができます
また、アカウントの学習履歴や学習ノートを保存したまま、別のチームに移管できます。

f:id:kenken0326:20191126101420j:plain

  • 個人からチームへ
  • チームから個人へ

どういうときにチームの移管を活用できる?

チームの移管機能は以下の場合に活用できます。

  • チームで学習していた人が、チームを抜けてもPyQで学習を続けたいとき
  • 個人でPyQの学習をしていた人が、チームに移動するとき
  • チームを分割したときに、アカウントを別のチームに移管したいとき

共有されない情報

情報漏えいを防ぐために、チーム内で投稿した質問は見られなくなります。

f:id:kenken0326:20191126101509p:plain

質問が見えなくなるのは、チームの機密情報が質問に含まれる恐れがあるからです。
個人プランのときの質問は個人プランのときのみ有効で、チームプランのときの質問は当該のチームに所属しているときのみ閲覧できます。

チームのメンバーを移管する方法は?

チームプラン契約時の担当者にメール、もしくはお問い合わせ画面からご連絡ください。
サポート担当者がアカウント移管の操作をいたしますので、移管したいユーザーアカウント名をお伝えください。

pyq.jp

まとめ

これからもPyQチームプランではより柔軟に学習メンバーを管理できるよう改善してまいります。
ぜひご要望の機能やお困りのことがあれば、お気軽に担当者にご相談ください。

lpm.pyq.jp

Copyright ©2017-2019 BeProud Inc. All rights reserved.