Python学習チャンネル by PyQ

Pythonのオンライン学習プラットフォームPyQのオフィシャルブログです

GraphQLパートリリースのお知らせ

f:id:kenken0326:20200716123713p:plain

f:id:kenken0326:20191021153602p:plain
tsutomu こんにちは。PyQ開発チームのtsutomuです。

PyQの「データ収集とWeb API」ランクに以下の2つのパートを追加しました。

【追加したパート】

GraphQL(グラフキューエル)とは?

f:id:kenken0326:20200716121241p:plain

GraphQL(グラフキューエル)をご存知でしょうか?
GraphQLはデータ処理APIを提供するためのクエリ言語です。以下のような特徴があります。

  • 問い合わせ(クエリ)に応じてデータを処理して返すAPIを設計できます。
    • 3種類の処理方法があります。柔軟な処理を行えます。
      • query: データの取得
      • mutation: データの更新
      • subscription: データの購読
  • クライアントで、必要なデータ構造をクエリとして定義できます。
    • クエリのデータ構造と取得したデータ構造は、同じ構造になります。不要なデータ取得の無駄をなくせます。出力が入力と同じ構造なので、理解しやすいです。
    • シンプルなエンドポイントで、様々なデータ構造を取得するように設計できます。
  • 色々なツール・フレームワークが提供されています。また、色々な言語で利用できます。

GraphQLについては覚えることが多いです。PyQでは、覚えることを絞って「grapheneライブラリーによるGraphQLのquery」について学習します。 本パートを学ぶことで、GraphQLでできることを知って、シンプルなGraphQLサーバーを作成できるようになります。

f:id:kenken0326:20200716121420p:plain

graphene(グラフェン)

PythonでGraphQL APIを簡単に構築するためのライブラリです。
URL:https://graphene-python.org/

「GraphQLを使ってみよう」パート

以下の4つのクエストがあります。

GraphQLがはじめての方に「GraphQLとはどういうものか」を体験してもらいます。

PyQでは、一貫してgrapheneの使い方を学びます。
grapheneを使うと、簡単にGraphQLを処理するサーバーを構築できます。 本パートでは、grapheneの重要な機能について学習します。

「GraphQLのサーバーを作成しよう」パート

以下の4つのクエストがあります。

本パートは応用編になります。 最初に、色々な応用例を実装してみます。

GraphQLには、GraphiQL(グラフィカル)というサーバーの規格があります。 たとえば、スターウォーズのデータを検索できるSWAPIがあります。 grapheneを使うと簡単にGraphiQLサーバーを作成できます。

f:id:kenken0326:20200716121458p:plain

また、本パートでは主にGraphQLサーバーの構築方法を学びますが、少しだけクライアントからの呼び出し方法も学びます。

まとめ

GraphQLのパートを追加しました。 GraphQLは覚えることが多く、独学で全部を学ぼうとすると大変です。 そのため、本パートではGraphQLをはじめて学ぶ方でも進められるように、覚えることを絞っています。

PyQでGraphQLの概要を知って、GraphQLの便利さを体感してみましょう。

Copyright ©2017-2020 BeProud Inc. All rights reserved.