Python学習チャンネル by PyQ

Pythonのオンライン学習プラットフォームPyQのオフィシャルブログです

Python3エンジニア認定データ分析試験(ベータ試験)が公開されました

f:id:kenken0326:20190909111257p:plain

こんにちはPyQチームです。

「Pythonでデータ分析を学んでいるけど、どのぐらいのレベルでできているのかわからない」「どこかで腕試しできないかな」と思ってる方に、Python3エンジニアデータ分析試験(ベータ試験)のお知らせです。

現在Pythonを使ったデータ分析の能力を試すことができる国内唯一の試験Python3エンジニア認定データ分析試験(ベータ試験)が公開されています。

問題に対するフィードバックを行うことで、今後公開される本試験よりもお得に受験できそうです。

これから問題形式・試験内容などの情報を分かりやすくお伝えします。

ベータ試験の開催時期

2019年8月27日~9月30日まで行われます。

問題数および出題形式

問題数は40問(選択式)で試験時間は60分です。試験はコンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式です。

試験概要

概要ページ

cbt.odyssey-com.co.jp

出題範囲

翔泳社「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題されます。

合格基準

7割正解 ※合格者には正式な合格証が郵送されます

会場

全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター

受験料

6480円(6000円+消費税8%)

ベータ試験申し込み方法

試験の申し込みは、会場である全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターのWebサイトから行います。

※ 試験概要のページは、Python基礎試験と共通のため、ベータ試験の開催場所以外の試験会場も表示されてしまいます。ベータ試験は、下記URLの会場のみ実施しているようです。

試験会場URL

cbt.odyssey-com.co.jp

申し込み手順

  1. 上記URLのページ上部、申し込みから受験までの流れをクリック
  2. f:id:kenken0326:20190906160045p:plain
  3. 表示されるURLにしたがって、試験できる日程の確認と申し込みをおこなってください

本試験と異なる点

  • 問題内容に関してお気づきの点をフィードバックする必要があります。
  • 試験中にお気づきの点を控えられるように、試験当日に計算用紙と筆記用具を配付されます。試験後にモニターへ表示されるアンケート画面で控えていた内容を入力するという形式のようです。
  • ベータ試験の受験機会は、開催期間中に1回のみです。

まとめ

お手ごろ価格で受験できるデータ分析試験(ベータ試験)を紹介しました。

Pythonエンジニア認定試験は、Python開発の第一人者が集まって設立されたPythonエンジニア育成推進協会が実施しています。国内唯一のPython試験ですので、力試しにはオススメです。

なお、対策教材を持っていない方には現在キャンペーン価格で発売中のベータ試験の受験チケットと対策教材セットをオススメします。

現在Pythonでデータ分析を学んでいる人は、お得な料金で一足先に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Copyright ©2017-2019 BeProud Inc. All rights reserved.