PyQオフィシャルブログ

Pythonのオンライン学習プラットフォームPyQのオフィシャルブログです

「Pythonデータ処理中級」の増加のお知らせ

初めまして。斎藤です。pandas が学べる「Pythonデータ処理入門」に続き、「Pythonデータ処理中級」をリリースしました。 以下の5つのパートがあります。

  • pandasで役立つ機能
  • pandasの表の加工
  • pandasの欠損値について
  • pandasの時系列データ
  • pandasで売上サマリ作成

f:id:tsutomu3:20171219125949p:plain

pandasは、いろいろなことが簡単にできるようになっています。しかし、機能が多すぎて把握するのが大変です。 PyQでは、使用頻度の高い機能に絞って、より実践に近いことを学べるようにしてあります。

Pythonデータ処理中級の紹介

早速、紹介します。

pandasで役立つ機能

データサイズが大きいCSVファイルの取り込み方や、取り込んだデータのサマリの見方を確認します。

f:id:tsutomu3:20171220092339p:plain

pandasの表の加工

表を連結したり、結合したり、クロス集計する方法を学びます。

f:id:tsutomu3:20171220091946p:plain

pandasの欠損値について

実際のデータには、値が抜けていることがあります。このようなデータを欠損値といいます。 ここでは、欠損値を削除したり変換する方法を学びます。

f:id:tsutomu3:20171220091429p:plain

pandasの時系列データ

センサーデータやログデータの多くが時刻情報を持っています。 時刻をキーとするデータを時系列データといいます。 ここでは、時系列データを扱う方法を学習します。

f:id:tsutomu3:20171220091723p:plain

pandasで売上サマリ作成

売上データの報告書の作成という演習を通して、中級で学んだ方法を確認します。

f:id:tsutomu3:20171220092155p:plain


いかがでしたでしょうか?

データを扱うpandasは、他のライブラリと組合せることも簡単にでき、いろいろな業務で役に立ちます。 ぜひ使ってみましょう。

pyq.jp

Copyright ©2017 BeProud Inc. All rights reserved.