PyQオフィシャルブログ

Pythonのオンライン学習プラットフォームPyQのオフィシャルブログです

PyQチームエディション - チームトピック、ユーザー管理

こんにちは!PyQの中の人、カメちゃんです!そろそろ夏休みの予定は決まりましたか?夏休みにPyQでレベルアップして、よりよいプログラマーライフを過ごしましょう。

前回に続いて、今日もPyQチームエディションの紹介です。

  • 前回:

blog.pyq.jp

チームトピック

先日、チームトピック機能をリリースしました。チーム全員へのメッセージを残しておけるので、学習の日程や重要なリンクを共有しておけます。

チーム画面のチームトピックでチームメンバーに知らせたい文字列を入力し保存ボタンをクリックします。

f:id:kamekokamekame:20170718112714p:plain

各メンバーのダッシュボードのチームトピック枠に表示されます。 f:id:kamekokamekame:20170718112916p:plain

ユーザー管理

PyQチームエディションをご契約いただくと、ご契約いただいた人数を上限にユーザーをお客様自信で管理できます。チームオーナー限定の機能です。メンバー管理画面で行います。

新規ユーザー追加

上限までユーザーを追加できます。 f:id:kamekokamekame:20170718112719p:plain

ユーザー名、メールアドレス、名前を入力し、保存ボタンをクリックします。 f:id:kamekokamekame:20170718112724p:plain

ユーザーが作成され、仮パスワードが発行されます。

f:id:kamekokamekame:20170718112727p:plain

メンバー管理画面に戻ると上限が1人減っています。 f:id:kamekokamekame:20170718112730p:plain

ユーザーのロール(役割)変更

ユーザーのロールを変更できます。各ロールを解説します。

  • オーナー:チームの管理、メンバーの追加権限を持ったユーザー。チーム内のすべての権限を持っています。
  • リーダー:学習を導くユーザー。問題文、問題の解答や他のユーザーの解答がクリア前に見られます
  • メンバー:学習するユーザー。

f:id:kamekokamekame:20170718112722p:plain

退会

ユーザーをチームから削除する機能です。ユーザーをチームから除外し、アカウント情報を含めた関連するデータをすべて削除します。退会にチェックを入れて変更を保存ボタンをクリックします。

PyQチームエディションはこれからもどんどん機能を追加していきます。ご要望などありましたらご連絡お願いします!(*^_^*)ノ

pyq.jp

Pythonでのダース計算の解説

こんにちは。PyQ開発チームの清原 id:hirokiky です。

PyQメールサポートの中でいただいたご質問とサポートの回答を紹介します。 (質問いただいたご本人様には掲載の許可をいただいております)

プログラミングで商、剰余というと難しい気がします。 ですが、PyQのダース計算のクエストを通して、どんな場所で使うのかを体感いただければと思います。

ダース計算についてPyQにいただいた質問とサポートでの回答をご紹介します。 Pythonでの割り算と、剰余の解説になります。

質問

クエスト3-7 水注文プログラムを作成 の「ダース単位で注文」の演習

余りが出たら、1ダース注文する(?)となっていて、

dozen = 12
order = 30

order_dozen = order // dozen
amari = order % dozen

print(str(order_dozen) + 'ダース注文します。')

if amari != 0: 
    print("あと" + str(12-amari) + "本で、もう1ダース注文できます。")

というコードになっているのですが、この中の 12-amari が何を意味するのかがいまいちわかりません。 その前にある

order_dozen = order // dozen
amari = order % dozen

というコード、これは必ず必要ということですか?

回答

まず、 order_dozen = order // dozen の部分ですが、注文希望本数(order)を12(dozen)でわり、注文希望本数から何ダース注文できるかを計算しています。

amari = order % dozen こちらは、注文希望本数(order)を12(dozen)で割った余りを求めて、12本ごとに分けた場合の端数を求めています。

例えば、注文希望本数が15本だった場合は、1ダース注文でき、3本余ります。 2ダースは注文できない状態です。

そこで、2ダース注文するためにはあと何本必要か計算するために、12- 3としますと、あと9本でもう1ダース注文できることになります。

これが、str(12 - amari)の部分になります。あと何本で1ダースになるか計算している箇所となります。

補足

プログラム的には str(dozen - amari) と書いたほうが良いですね。

クエストで学習しよう

PyQでは割り算や余りの計算や if 文という単純な内容の学習でも、常に実践的な内容から学習できるように作られています。 こうすることで単なる知識でなく、使える技術として身につけられることを目指しています。

pyq.jp

PyQオフライン相談会開催(2017年6月)

こんにちは!PyQの中の人、カメちゃんです!あっという間に7月も後半戦。子供たちはもうすぐ夏休みです。在宅ワーク制度万歳ですね。

PyQのプランにメンタープランがあることはご存知ですか?

PyQメンタープランは通常のPyQの学習、メールサポートの他にいろいろな特典があります。

その特典の1つであるPyQオフライン相談会が6月24日(土)に開催されました。その日の様子を紹介します。

f:id:kamekokamekame:20170714084726p:plain

この日いらっしゃったお客様は自作のアプリケーションについてお悩みでしたので、弊社のPythonistaがひとつずつ答えています。

f:id:kamekokamekame:20170714084736p:plain

ホワイトボードでアプリケーションの構成のアドバイス、モデルの設計について解説しています。

f:id:kamekokamekame:20170714084740p:plain

f:id:kamekokamekame:20170714084745p:plain

お客様はこの日は2機能を新たにアプリケーションに追加することができました。

皆様も気になってきたと思いますので、PyQメンタープランの特典について紹介します。

  • Slackを利用したチャットによる質問回答
  • 一緒に目標を決めて、そこに向かうための計画を立てる
  • 定期的メンション、進捗確認
  • 月1回のオフライン相談会(Skype, Google Hangoutなどのオンラインツール利用も可能)
  • 追加演習
    • ローカル環境を構築(ユーザーのPCに開発環境を構築し、仕事と同じ環境を構築します)
    • 業務で作成するようなスクリプト、Webアプリケーションを作成する課題
    • 実際の業務と同じ形でGithubを使いコードレビュー(コードの悪い箇所、修正したほうが良い書き方などを指摘します)
  • 他にもユーザーで作成中のアプリケーション、Pythonの書き方、応えられることであれば、相談に乗ります。

特に追加演習はBePROUDのPythonに不慣れな新入社員も行っている伝統ある課題です。バッチスクリプト、ログ解析、ECサイトの構築などの課題を行います。この課題を通して、実際の業務はどのように進行していくかを学んでいきます。追加課題についてはまた別の機会に紹介させていただきますね。

次回のPyQオフライン相談会は、7月29日(土)に開催されます。PyQメンタープランに興味がある方はお気軽にお問い合わせください(*^_^*)ノ

pyq.connpass.com

f:id:kamekokamekame:20170714084754p:plain

打ち上げのビール、美味しかったです!

f:id:kamekokamekame:20170714084750p:plain

数字の入った変数で '在庫:' + stock とできないのはなぜ?

こんにちは。PyQ開発チームの清原 id:hirokiky です。

PyQメールサポートの中でいただいたご質問とサポートの回答を紹介します。 (質問いただいたご本人様には掲載の許可をいただいております)

Pythonを学習する中や PyQ を利用する中で同じ疑問あれば参考にしてください!

ご質問

クエスト 3-1 水注文プログラムを写経するクエスト

stock = 13
print('現在の在庫:' + str(stock) + '本')

のprint文、ただのstockと書くとエラーになるのはなぜですか?

回答

strをなしに

‘現在の在庫:’ + stock + ‘本’

と書くとエラーになる理由ということですよね。

これは文字列('現在の在庫')と数字(stockの中身13)を足しあわせようとしているのでエラー(TypeError)になります。

Pythonでは文字列と数字は足し算できません。文字列と文字列、数字と数字はできます。

PyQのプログラムでは str(stock) とすることで、数字の 13 を、文字列の ‘13’ に変換しています。

  • 数字: 13
  • 文字: ‘13’

(ややこしいですが別のものです。。) 一旦数字を文字列の ‘13’ に変換してから、他の文字列 ‘現在の在庫:’ と足し合わせています。

文字列の生成には .format が使えます

この最初のクエストでは出ませんが、後のクエストで登場する .format はよく使われます。

print('現在の在庫:{:d}本'.format(stock))

print関数で表示

また、print関数に3つ値を渡しても表示できます。

print('現在の在庫:', stock, '本')

この場合、引数に渡した値の間にはスペースが入って表示されます。

pyq.jp

PyQチームエディション - チームの学習状況の確認

こんにちは!PyQの中の人、カメちゃんです! 急に暑くなって、寝苦しい夜が続いていますね。私の周りにも寝られなくて寝不足気味の人が沢山います。 寝られない夜にも、PyQで学習しましょう!

突然ですが、PyQにチームエディションがあるの知ってますか?

pyq.jp

どんな機能があるのか、何度かに分けて紹介していきます。 今回はチーム内の学習状況の確認について紹介します。

具体的にはチームメンバー同士でお互いの進捗を確認できる機能です。

f:id:kamekokamekame:20170624150508p:plain

お。kameko3の方が、kameko2より進んでいるな? 更に詳しく見られます。「詳しく見る」をクリックしてみましょう。

f:id:kamekokamekame:20170624150451p:plain

他のメンバーの進捗が更に細かく見えます。緑色の部分が終了したクエストです。マウスオーバーしてみましょう。

f:id:kamekokamekame:20170624150445p:plain

どの問題まで終わったかもわかります。

さらにオーナー権限があると、メンバーのリアルタイムの状況も確認できます。

f:id:kamekokamekame:20170624150448p:plain

kameko2は22分も「if文の基本」に取り組んでいるのか。テスト失敗回数も多いし、ちょっと確認しようかな?

kameko3は18分前から取り組み始めているけど、何も進んでいないな。集中力が切れているのかな?声をかけてみるか。

などの判断ができます。

オーナー、チームメンバー同士でお互いの状況を確認しながら学習をすすめられます。 Python研修でも、受講生の様子がわかると嬉しいお言葉を頂いています。

暑い夏に備えてチームエディション機能を使い、メンバー全体のボトムアップをしていきましょう!(*^_^*)ノ

pyq.jp